このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

IMG_6517 (2)
BLOG

30年の時を経て、モダンに生まれ変わったルビーのエンゲージリング

K様(東京都)
プラチナ、ルビー、ダイヤモンド
——————–

30年以上前に旦那様から奥様に贈られたルビーの婚約指輪をリフォームしたい、というご依頼を頂戴しました。

takako ring

写真は、リフォーム前のリング。
お打ち合わせの中で、「高さがあって身に着けづらいので、低くしたい。デザインもモダンにしたい。」とK様。
ルビーはオーバルカットのものを縦ではなく横向きにしてみたいというご希望も。
メレダイヤモンドでの取巻きデザインをご提案したところ、2重の取巻きで華やかにしたいというご要望もいただきました。

お打ち合わせ後、約1週間ほどでデザイン画を作成し、K様にご確認いただきました。
腕は少し細めに、そして中央に向けて絞ったデザインで女性らしさを表現。
高さもできる限り抑え、日常的に身に着けやすいよう工夫しました。

takako design

その後、樹脂サンプルでご確認。高さや腕の太さなどを微調整いたしました。
IMG_0922

最初のお打ち合わせから約1ヶ月半で完成!
モダンでシンプルながらお出かけにぴったりの華やかなリングに仕上がりました。
IMG_6517 (2)

梶田菜美
—————
K様からのコメント
せっかくの記念のリングなのに、長い間身に着けることなくしまってあり気になっていました。
今回KAJITAでリフォームをしていただき、生まれ変わったリングを眺めながら結婚した頃のことを思い出すことができました。
大変華やかに、そして身に着けやすくリフォームしていただき、お出かけの時に活躍しています。お友達にも褒めていただくことが多く、大満足です!