このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

Opal

オパール

ラテン語で宝石を意味するopalus(オパルス)が語源のオパール。
最大の特徴は遊色効果(play of color)と呼ばれる、見る方向によって斑の色を変える性質です。

球状の二酸化珪素が規則正しく並んでできた層の厚みによって、どの色を反射するかが変わります。
青色や緑色に比べると赤色を反射する班は生成しにくいため、
一般にオパールは赤色の斑が出るものが希少とされます。

地色が乳白色のオパールをホワイトオパールといい、パステルカラーの遊色効果を楽しめます。
地色が黒色のオパールはブラックオパールと呼ばれ、オーロラのような輝きが魅力的です。
どちらもオーストラリアから産出します。

また、地色が透明色のオパールはウォーターオパール、地色が赤色のものはファイアーオパールと呼ばれます。
こちらはメキシコで産出し、水の中に虹を閉じ込めたようなきらめきを見ることができます。

オパールは水を多く含んだ宝石のため、欠けやすい性質があります。
ジュエリーとして身に着ける際には、強い衝撃を与えないよう注意が必要です。

鉱物名 オパール
モース硬度 6
主な産地 オーストラリア、メキシコ、エチオピア
誕生石 10月